スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

次の季節に向かって

先日採ってきたガマですが

ガマ細工の先生に聞いたところ

掛けて陰干しした方が良いということで

少しだけですが掛けて干しました。

ガマ準備
長さをそろえてひもで結び

かやぶき屋根「山休」の横に掛けます。

がまはざ
なかなかいい感じになりました。

農作業が落ち着く11月頃にガマ細工は始動することになりそうです。

そして、それまでにできるようにと先生に出された宿題が…

それは…

「縄がキレイになえるようになること。」

私、数年前に藁草履を作ったことがあるので

一応縄ないはできるのですが、キレイにと言われると自信がありません。

藁を継ぐタイミングがうまくいかないのです。

でも、これができないと先に進めないので、

なんとか自主練を重ねて

先生に見てもらって

次のステップに進めるようになりたいと思います。

ところで、先生のお宅に伺ったときにキノコが干してありまして。

これから塩漬けにするのだそうです。

「冬の準備はもう始まっているんだよ。」

と、教えてくださいました。

今は暑いけれど、すぐに寒さが来る。

豆が乾けばそこから冬への準備が始まるのだと。

それを聞いたときハッとしました。

こうして、季節を肌で感じながら

畑の様子を見ながら

そのときするべき動きをしていく。

山之村の暮らしは

私たちが忘れかけている

自然の恵みへの感謝の気持ちを教えてくれている気がします。



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。