スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

シラカバの水で淹れたコーヒー~春先だけの恵み~

昨日、地域の方に協力してもらい

念願の白樺の水(樹液)採りに行ってきました!

地域の方が持っている山まで行って

まだうっすらと雪の残る上を歩いて

採集する木を選びました。

RIMG1518.jpg
昨日は風も暖かくて

まさに外歩き日和でした。

なんとなくウキウキしてきます。

RIMG1514.jpg
木に穴をあけて

RIMG1517.jpg
持ってきたチューブを差します。

穴を開けた瞬間、溢れるように水(樹液)が出てきて感激しました。

ちょっとなめてみると、確かにほのかに甘い。

RIMG1526.jpg
2つの木にタンクを設置して帰ってきました。

RIMG1528.jpg
帰りにはちょうどいい感じに生えていたふきのとうを採ってきました。

…そして今朝。

朝一番で

様子を見に行ってみると…

RIMG1533.jpg
おぉ!溜まってる!!

一滴ずつがちょっとずつ溜まっていって

4ℓくらいになっていました。

溜まっていた分を丁寧にペットボトルに移し替えて

持って帰ってきました。

木によっても個体差があるようで

味を比べてみると甘みに少し違いがありました。

さて、これをどうしようか…

私は普段自分からはコーヒーを飲まないのですが

なぜか無性に飲んでみたくなり

これでコーヒーを入れてみようと思い立ちました。

(インスタントですが)

そしてハッと気づきました!

家に、妹からもらった

シラカバのコブから作ったカップがある!

誕生日プレゼントに

ククサというフィンランドの伝統的な木工カップをもらったのでした。

絶対あれに入れて飲もう!と思い

家に帰って

樹液を温めてコーヒーを入れてみたら

RIMG1542.jpg
すっっっごくまろやかでおいしいんです。

感動しすぎて、妹に電話をしてしまいました。

「私、シラカバのカップでシラカバの水で淹れたコーヒー飲んでる!!」

普段、全くコーヒーを飲まないので

おいしく感じるだけかもしれないと思い

普通のお湯でも淹れてみましたが

やっぱり全然味が違うんです。

ほのかな甘みと水のやわらかさが

口いっぱいに広がります。

「シラカバのカップでシラカバの水で淹れたコーヒーを飲む人は

なかなかいないわ、きっと。」

と、なんだかすっごく贅沢で幸せな気持ちになりました。

調べてみたら

お肌にもイイらしいし

お腹にも優しいようなので

色んな活用法を探してみようと思います。

とりあえず、明日も採集しに行かなきゃです。










スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。