スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ネオンがないこと

昨日はちょっと大事な用がありまして

会社の人たちと岐阜市まで行ってきました。

車に乗っていた時間で計算すると

行きは3時間半くらい

帰りは2時間半くらいで

行ってきました。

行きの方が一時間くらい多くかかっているのは

高速の途中で通行止めがあったからです。

で、

帰りに岐阜市を出発したのが6時前くらいだったのですが

ひさしぶりに

夜がネオンだらけになっているのを見て

なんとなく不思議な気持ちになりました。

もちろん山之村にネオンはありません。

夜は暗いものという感覚が当たり前にあって

空を見上げれば

天気が悪い日にはかすんでいて

晴れている日には満天の星空で

新月の日は周りが真っ暗で

満月の日には周りがぼんやり明るくて

って、そんな毎日を普通に過ごしています。

ネオンで輝き車がせわしなく行きかう街の様子を見て

あぁ、こういう部分でも

「季節や天気を感じる」

ということに違いがあるんだということに気づきました。


当たり前になってしまうと忘れてしまいがちな

ココロ豊かに暮らす生き方のかけらは

きっと何気ない毎日にいつも隠れているんだと思います。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。